Welcome to the webpage of Interactive Intelligent Systems Laboratory (IIS Lab, pronounced like “ease lab”) at The University of Tokyo. We are in Department of Electrical Engineering and Information Systems (EEIS), School of Engineering and Emerging Design and Informatics Course, Interfaculty Initiative in Information Studies. We are a group led by Koji Yatani, conducting a broad range of research on Human-Computer Interaction, Ubiquitous Computing.

インタラクティブ・インテリジェント・システム ラボ(Interactive Intelligent Systems Laboratory; IIS Lab; イーズラボ)のホームページへようこそ!IIS Labは大学院では工学系研究科電気系工学専攻学際情報学府先端表現情報学コース,学部では工学部電子情報工学科(EEIC)に所属しています.このラボは矢谷浩司をはじめとした研究者・学生が集まり,ヒューマン・コンピュータ・インタラクションやユビキタス・コンピューティングに関する様々な研究を行っています.

 

 

Mission Statement / IIS Labのミッション

The mission of Interactive Intelligent Systems Laboratory (IIS Lab) is to improve people’s QOL (quality of life) through intellectual activities and healthy life enhanced by interactive systems with intelligence behind we design, implement, and evaluate. Complexity of data, information, and contexts surrounding people are well beyond human cognitive capabilities. Advanced computing infrastructure, including artificial intelligence, big data, and Internet of Thing (IoT), becomes available, and can offer strong power of data collection and computation. However, it is still people who decide how to utilize such infrastructure and data. As a group of experts in information technology and user experience, we strive to explore novel applications exploiting emerging computer technologies and information sources and uncover their new values. In particular, our applications aim to support people to commit more to higher-level intellectual activities and healthy life, leading to encouraging grass-root effort for making the world better.

インタラクティブ・インテリジェント・システム ラボラトリー(IIS Lab)では,私たちが設計,実装,評価する知的なインタラクティブシステムによって,人々の知的活動・健康的生活を支援し,人々のQOL(quality of life)を向上させることをミッションとしています.人々を取り巻くデータや情報,状況は複雑になり,人間の情報処理能力を大きく超えています.さらに近年では,人工知能,ビッグデータ,IoTなどといった情報基盤が利用できるようになり,強力なデータ収集と計算能力を提供しています.しかし,それらをどのように活用するかは,利用者である人間が決めなければなりません.情報技術とユーザエクスペリエンスのエキスパート集団として,そのような新しい技術を活用した新たなアプリケーションを生み出し,技術の新たな価値を創生していくことが私たちの目標です.私たちが開発するアプリケーションを通して,人々がより高いレベルの知的活動やより健康的な生活を実現することに貢献し,さらに個人個人が世界をよくすることに貢献していける未来を目指しています.

 

Research domains / 研究領域

We are looking for highly-motivated, energetic researchers and students who want to work with us. If you are interested in the following topics or just want to visit us, please feel free to ping Koji at [his_first_name] “at” iis-lab.org. If you are considering to work with us, please check this page.

  • Novel healthcare applications using sensing methods and AI,
  • Usable security interface design,
  • Interactive systems for productivity and creativity support with AI technologies,
  • Sensing technologies to enable new applications for mobile/wearable devices,
  • Anything else about interfaces or interactive systems which you strongly believe that could change the game. 🙂

進学や研究室配属を決める前であっても,IIS Labに興味のある人はラボの活動や雰囲気を見に是非遊びに来てください.以下のトピックに興味のある方やラボにお越しになりたい方は,遠慮なく矢谷までメールにてご連絡ください.(メールアドレスは[矢谷の下の名前] “at” iis-lab.org). IIS Labでの研究を志望する方は詳細はこちらのページをご覧ください.

  • センシング技術や人工知能技術を活用した新しいデジタルヘルスケアアプリケーション,
  • ユーザブルセキュリティ(使いやすいセキュリティシステム・インタフェースデザイン),
  • 人工知能技術を用いた知的生産性や創造性を支援するインタラクティブシステム,
  • モバイル・ウェアラブルデバイスにおける新しいアプリケーションを実現するようなセンシング技術,
  • そのほか,世界を変えられると強く思うインタフェースやインタラクティブシステムなんでも 🙂

 

IIS Lab Philosophy

“Think radically, Execute logically.”

Research needs breakthroughs. As a researcher, it is important to keep demonstrating intellectual curiosity and casting questions. Uncovering “why” from something obvious or well-known is the first step to be radical. But radical ideas are not sufficient conditions for great research. You need to execute your project and demonstrate a proof of your idea in a way nobody sees a hole. This execution requires your logical thinking and careful project management skills. We believe that both radical thinking and logical execution are universal advantages for our life beyond research. In IIS Lab, each member challenges themselves to build both skills as a project leader of technology-oriented and application-focused HCI research.

「大胆に考え,緻密に実行する.」

研究には新しい発見が必要です.研究者として知的好奇心を保ち続け,疑問を投げかけていくことは重要であり,当たり前だと思われている物事から「なぜ」を引き出すことこそ,大胆な発想への第一歩です.しかし,大胆なアイデアだけでは良い研究に繋がりません.他人から見て隙きがないようにプロジェクトを実行し,アイデアの実現可能性を示すことも必要です.この遂行には論理的思考能力と綿密なプロジェクト管理能力が求められます.大胆な発想力と緻密な遂行能力は研究に限らず,人生の様々な場面で有益となる能力だと私達は信じています.個々のラボメンバーが,新しい技術とアプリケーションに重点を置いたHCI研究のプロジェクトリーダーとして,この2つの能力を高めていく,そのような場所がIIS Labです.


 

News

2023/10

Running a symposium for Human-AI Interaction at University of Tokyo!

Simo Hosio at University of Oulu (also at Tokyo College at University of Tokyo) and Koji are organizing a symposium for Human-AI Interaction, called TOHAI, on 24th and 25th October. Please take a look at our website and register!
オウル大学のホシオ・シモ先生(東京カレッジ兼担)と共同でTOHAIというHuman-AI Interactionに関する国際シンポジウムを東大にて10/24,25に開催いたします.ホームページをご覧いただき,ぜひご登録ください!

https://crowdcomputing.net/tohai/

 

矢谷がアルコール・薬物依存関連学会 合同学術総会のシンポジウムにて招待講演を行います.

10月に開催されるアルコール・薬物依存関連学会 合同学術総会のシンポジウム14「医工連携・産学連携による新しい治療技術の開発:アディクション分野における最新の知見」において,以下の招待講演を行います.

「ユーザの健康的な生活を促進するモバイル アプリケーション研究の実践と課題」

https://kwcs.jp/alcohol2023/prog.html

 

2023/9

DICOMO 2023において優秀論文賞を2件受賞しました!

DICOMO 2023において,以下の3件の発表が優秀論文賞を2件受賞しました.

  • 篠田 和宏,矢谷 浩司.導電糸刺繍の設計パラメータの違いによる抵抗値変化を活用した布変形検出手法.
  • 吉川 諒,徐 安然,ゼファン シュラーメク,矢谷 浩司.ユーザブルセキュリティ研究に向けた情報セキュリティ・プライバシーに関する問題セットの構築.

 

日本学術会議「未来の学術振興構想(2023年版)」への提案が採択されました.

日本学術会議「未来の学術振興構想(2023年版)」における学術の中長期研究戦略について,はこだて未来大学の中小路先生を中心として矢谷が取りまとめとをおこなった提案「情報環境との相互作用で生ずる行為や感情の正負・強弱原理の解明に基づいた人の内在的強靭性を高める機構の実現」が採択され,公開されました.

https://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-25-t353-3-55.pdf

2023/7

Zefan won a Best Demo Award at DIS 2023!

Zefan won a Best Demo Award at DIS 2023 for his demo presentation (accompanying his full-paper presentation). Congrats!

Zefan Sramek, Arissa J. Sato, Zhongyi Zhou, Simo Hosio, and Koji Yatani. SoundTraveller: Exploring Abstraction and Entanglement in Timbre Creation Interfaces for Synthesizers.

 

山本がポスター輪講においてBest Poster Awardを受賞しました!

山本が融合情報ポスター輪講において,Best Poster Awardを受賞しました.

 

DICOMO 2023において優秀プレゼンテーション賞を3件受賞しました!

DICOMO 2023において,以下の3件の発表が優秀プレゼンテーション賞を3件受賞しました.

  • 篠田 和宏,矢谷 浩司.導電糸刺繍の設計パラメータの違いによる抵抗値変化を活用した布変形検出手法.
  • 山本 恒輔,周 中一,ゼファン シュラーメク,矢谷 浩司.インタラクティブ機械学習の教示プロセスでの生成 AI の利用可能性の検討.
  • 吉川 諒,徐 安然,ゼファン シュラーメク,矢谷 浩司.ユーザブルセキュリティ研究に向けた情報セキュリティ・プライバシーに関する問題セットの構築.

 

2023/6

Koji will be serving as a TPC for CHI 2025.

Koji will be serving as a Technical Program Chair for CHI 2025.
矢谷がCHI 2025においてTechnical Program Chair(全プログラムの統括)を務めます.

 

卒業生の嶋田さんによる「卒業生のリアル」が公開されました!

工学部・工学系研究科を卒業した先輩たちが,中高生の時や学部生,院生の時,どんなことで悩んで,どんなことを感じていたのか.他の企画では追えなかった,東大生のよりリアルな姿をとらえた新しい試みである「卒業生のリアル」に,IIS Lab卒業生の嶋田さんがご協力くださり,インタビューに応えてくれました.大変心動かされる彼女のストーリーをご覧いただければと思います.

 

2023/5

DICOMO2023にて10件の発表を行います.

7月に開催されるDICOMO2023にて,以下の10件の発表を行います.

  • 香取 浩紀,山本 恒輔,佐藤 安理紗 ジエンジエラ,矢谷 浩司.アルゴリズムとデータ構造に関するコードデータのアノテーションとその分析.
  • 澤野 令,山田 大志,佐藤 安理紗 ジエンジエラ,戸原 玄,矢谷 浩司.発声支援デバイスの制御を目的とした手のジェスチャに関する社会的受容性の調査.
  • 篠田 和宏,矢谷 浩司.導電糸刺繍の設計パラメータの違いによる抵抗値変化を活用した布変形検出手法.
  • 清水 啓太郎,佐藤 安理紗 ジエンジエラ,矢谷 浩司.親子の対話型読み聞かせのための記録システムに向けたインタビュー調査.
  • 下島 銀士,耿 世嫻,乘濵 駿平,田村 綾子,高野 歩,矢谷 浩司.薬物依存症治療におけるデジタルコミュニケーションの活用可能性に関する質的調査.
  • 中村 徹,澤谷 雪子,磯原 隆将,矢谷 浩司.SNS投稿への反応に関するプライバシリスク意識調査.
  • 乘濵 駿平,宮崎 翔,耿 世嫻,下島 銀士,佐藤 安理紗 ジエンジエラ,ホシオ シモ,矢谷 浩司.対話形式でのストレス管理に向けた チャットボットにおける入力方法の評価.
  • 宮崎 翔,乘濵 駿平,山本 恒輔,ゼファン シュラーメク,佐藤 安理紗 ジエンジエラ, 矢谷 浩司.プッシュ通知インタフェースの誘目度と干渉度のモデル化.
  • 山本 恒輔,周 中一,ゼファン シュラーメク,矢谷 浩司.インタラクティブ機械学習の教示プロセスでの生成 AI の利用可能性の検討.
  • 吉川 諒,徐 安然,ゼファン シュラーメク,矢谷 浩司.ユーザブルセキュリティ研究に向けた情報セキュリティ・プライバシーに関する問題セットの構築.

 

Our DIS paper has been accepted!

We have one paper accepted at DIS 2023!

Zefan Sramek, Arissa J. Sato, Zhongyi Zhou, Simo Hosio, and Koji Yatani. SoundTraveller: Exploring Abstraction and Entanglement in Timbre Creation Interfaces for Synthesizers. To appear in Proceedings of the ACM SIGCHI Conference on Designing Interactive Systems (DIS 2023).

 

Our IEEE Sensors Letters article has been accepted!

We have one paper accepted in IEEE Sensors Letters!

Kazuhiro Shinoda, D. Antony Chacon, and Koji Yatani. An Embroidery Touch Sensor with Layered Structure of Conductive and Non-Conductive Threads. IEEE Sensors Letters, 2023.

 

電子情報通信学会論文誌に論文が採録されました!

電子情報通信学会論文誌に以下の論文が掲載予定となりました.

吉川 諒,落合 秀也,矢谷 浩司.2023.ボット判定の機会を活用した情報セキュリティ・倫理の学習手法の知識習得と知識持続効果の検証.電子情報通信学会論文誌(7月掲載予定),

 

大学院志望者向けのOpen Labを行います!

工学系研究科電気系工学専攻学際情報学府先端表現情報学コースの入試説明会に合わせて,Open Labを行います.大学院受験を検討し,IIS Labで研究を志望される方はぜひお越しください!

日時:2023年5月21日(日) 14:20頃〜16:00

詳細は以下のフォームよりご登録をお願いします.
https://forms.gle/hyRiBZ7VoQfrg2rX6

 

2023/4

矢谷がメタバース工学部ジュニア講座にてHCIの授業を行います.

矢谷がメタバース工学部ジュニア工学教育プログラムにおいて,「情報技術の体験をデザインしよう」というHCIの講座を提供させていただきます.

情報技術の体験をデザインしよう

 

博士課程1名,修士課程4名,学部生4名がラボに加わりました!

計9名の学生さんがラボに加わりました.ようこそ!

 

2023/3

博士課程1名,修士課程2名,学部生4名が卒業いたしました!

博士課程の佐藤,修士課程の篠田と土居,学部生の香取,澤野,乘濵,宮崎の計7名が卒業いたしました!篠田,香取,澤野,乘濵,宮崎の5名は進学し,さらに研究を続けていきます.

 

We are presenting one full-paper and one WiP poster at CHI 2023!

We have one full paper and one WiP poster accepted at CHI 2023!
CHI 2023にて1件の論文,および1件のポスター発表を行います.

[Full paper] Arissa J. Sato, Zefan Sramek, Koji Yatani. Groupnamics: Designing an Interface for Overviewing and Managing Parallel Group Discussions in an Online Classroom.
[WiP poster] Shitao Fang, Koji Yatani. Towards Understanding Sense of Inclusion in Social VR Onboarding.

 

篠田がインタラクションにてインタラクティブ発表賞(一般投票)を受賞しました!

篠田が以下のデモ発表においてインタラクティブ発表賞(一般投票)を受賞しました.

篠田 和宏,矢谷 浩司.導電糸と非導電糸の組み合わせによるインタラクティブ刺繍.

 

篠田が情報処理学会全国大会にて学生奨励賞を受賞しました!

篠田が以下の発表において学生奨励賞を受賞しました.

篠田 和宏,矢谷 浩司.導電糸刺繍における縫い方の抵抗値に与える影響の調査.

 

篠田と土居が合わせて4件の発表を行います.

M2の篠田と土居が今月,以下の発表を行います.

土居 明莉,耿 世嫻,矢谷 浩司.PMSや月経に伴う不調の症状や対策に関する情報の共有意識の違いに関する定量的調査.情報処理学会HCI研究会.

篠田 和宏,矢谷 浩司.導電糸と非導電糸の組み合わせによるインタラクティブ刺繍.インタラクション2023(デモ発表),

篠田 和宏,矢谷 浩司.導電糸刺繍における縫い方の抵抗値に与える影響の調査.情報処理学会全国大会,

土居 明莉,耿 世嫻,矢谷 浩司.PMSや月経に伴う不調の重症度と症状や対策に関する情報共有意識の関係についての定量的調査.日本健康支援学会年次学術大会.

 

2023/2

Koji is serving as an Award chair for UbiComp 2023!

矢谷がUbiComp 2023にてAward chairを務めます.

 

2023/1

矢谷が第24回日本口腔ケア協会学術大会並びに日本口腔ケア学会春季大会において,招待登壇いたします.

矢谷が2/11に開催される第24回日本口腔ケア協会学術大会並びに日本口腔ケア学会春季大会のシンポジウムにおいて招待登壇いたします.

https://www.oralcare-jp.org/2793/

 

2022/12

Koji named ACM Distinguished Member!

Koji has been inducted into ACM Distinguished Members! The Distinguished Members Grade recognizes those ACM members with at least 15 years of professional experience and 5 years of Professional Membership in the last 10 years who have achieved significant accomplishments or have made a significant impact on the computing field. In 2022, ACM named 67 individuals, and there are 862 Distinguished Members so far.

矢谷がACM Distinguished Memberに選出されました.ACM Distinguished Memberは,15年以上の職務経験と過去10年間に5年以上のProfessional Membershipを有するACM会員で,大きな業績を達成した者,またはコンピューティング分野に大きな影響を与えた者を表彰するものです.2022年では67名が選出され,現在までに862名のDistinguished Membersがいます.

https://www.acm.org/media-center/2022/december/distinguished-members-2022

 

2022/11

耿がDICOMOで優秀論文賞を受賞しました!

DICOMOにて修士課程の耿が発表した以下の論文に対して,優秀論文賞を受賞しました!
https://dicomo.org/commendation

耿 世嫻,平井 雄太,下島 銀士,柳田 陵介,山田 大志,小野寺 宏,戸原 玄,矢谷 浩司.
スマートフォンを用いた画像認識による口腔・嚥下機能の定量的評価手法

 

2022/09

Our work has been accepted in IEEE Sensor Letter!

Antony’s work on a wearable gesture sensor using subepidermal images has been accepted in IEEE Sensor Letter!
チャコンの表皮下画像を用いたウェアラブルジェスチャセンサの論文がIEEE Sensor Letterに採録されました.

D. Antony Chacon, Kazuhiro Shinoda, Tomoyuki Yokota, and Koji Yatani.
Demonstrating the Feasibility of Subepidermal Image Sensing for Hand Posture and Gesture Recognition.

https://ieeexplore.ieee.org/document/9900417

 

Our SyncUp Paper won a PACM IMWUT Distinguished Paper Award!

Our SyncUp paper by Zhongyi, Anran, and Koji won a PACM IMWUT Distinguished Paper Award! It is given 5 papers out of the 193 papers published in Volume 5 of PACM IMWUT that represent outstanding and exemplary contributions to our research community.
私達のSyncUpに関する論文がPACM IMWUT Distinguished Paper Awardを受賞いたしました.PACM IMWUT volume 5の全193件の論文の内選ばれた5つの論文のうちの1つが,私達のSyncUpの論文となりました.

Zhongyi Zhou, Anran Xu, and Koji Yatani. 2021. SyncUp: Vision-based Practice Support for Synchronized Dancing. Proc. ACM Interact. Mob. Wearable Ubiquitous Technol. 5, 3, Article 143 (Sept 2021), 25 pages.

 

日本バーチャルリアリティ学会で発表いたします.

修士課程の方が以下の論文を日本バーチャルリアリティ学会で発表いたします.

方 詩涛,矢谷 浩司.
ソーシャルVR空間参加時における被受容感に関する調査

 

2022/08

Zhongyi won Google East Asia PhD Fellowship!

Zhongyi won Google East Asia PhD Fellowship! Congratulations! The Google PhD Fellowship Program is to recognize outstanding graduate students doing exceptional and innovative research in areas relevant to computer science and related fields.
周がGoogle East Asia PhD Fellowshipを受賞いたしました!Google PhD Fellowship Programはコンピュータサイエンスおよびその関連分野で卓越した革新的な研究を行っている優秀な大学院生を表彰するためのプログラムです.

https://research.google/outreach/phd-fellowship/

 

耿がDICOMOで優秀プレゼンテーション賞を受賞しました!

DICOMOにて修士課程の耿が発表した以下の論文に対して,優秀プレゼンテーション賞を受賞しました!
https://dicomo.org/commendation

耿 世嫻,平井 雄太,下島 銀士,柳田 陵介,山田 大志,小野寺 宏,戸原 玄,矢谷 浩司.
スマートフォンを用いた画像認識による口腔・嚥下機能の定量的評価手法

 

矢谷がTrack IT人材育成戦略会議にて登壇します.

矢谷がTrack IT人材育成戦略会議にて,オンラインでの効果的なアルゴリズム能力の育成手法と心得に関して講演を行います.講演は8/22から9/2までオンラインにて視聴可能です.

Track IT人材育成戦略会議 2022 | Track(トラック) – DX人材の採用・育成・評価のためのHRプラットフォーム

 

2022/07

Our paper has been conditionally accepted at UIST 2022!

Our paper on interactive machine teaching exploiting users’ deictic gestures has been conditionally accepted at UIST 2022! Zhongyi will be presenting this work at the conference.
ユーザの教示動作を利用したinteractive machine teachingに関する論文がUIST 2022に条件付き採録となりました!博士課程のZhongyiが発表する予定です.

Zhongyi Zhou and Koji Yatani.
Gesture-aware Interactive Machine Teaching with In-situ Object Annotations.

 

下島と山本が2021年度未踏スーパークリエータに認定されました!

修士課程の下島と山本が2021年度未踏スーパークリエータに認定されました!「未踏スーパークリエータ」は,毎年度の事業終了時点で担当プロジェクトマネジャーが特に優秀であると評価したクリエータを候補者として選出し,第三者機関である審査委員会の審議を経て,IPAが認定しております.

https://www.ipa.go.jp/files/000098511.pdf

 

DICOMOにて発表を行います.

DICOMOにて,修士課程の耿が以下の論文を発表いたします.

耿 世嫻,平井 雄太,下島 銀士,柳田 陵介,山田 大志,小野寺 宏,戸原 玄,矢谷 浩司.
スマートフォンを用いた画像認識による口腔・嚥下機能の定量的評価手法

 

2022/06

Our paper has been accepted at SOUPS 2022!

Our paper on DualCheck (the integration of microlearning of online safety into human verification tasks) has been accepted at SOUPS 2022! Ryo will be presenting this work at the conference.
ボット判定に情報セキュリティに関するマイクロラーニングに織り込んだシステムDualCheckの論文がSOUPS 2022にて採録されました!修士課程の吉川が発表する予定です.

Ryo Yoshikawa, Hideya Ochiai, and Koji Yatani. DualCheck: Exploiting Human Verification Tasks for Opportunistic Online Safety Microlearning.

 

日本老年歯科医学会学術大会にて発表いたします.

日本老年歯科医学会学術大会にて,卒業生の平井が以下の論文を発表いたします(口頭発表).

平井 雄太,耿 世嫻,柳田 陵介,山田 大志,小野寺 宏,戸原 玄,矢谷 浩司.
歌唱中の音声・画像からの構音・嚥下機能の分類

 

情報処理学会UBI研究会にて発表いたします.

情報処理学会UBI研究会にて,徐が以下の論文を発表いたします.

徐 安然,周 中一,吉川 諒.矢谷 浩司.
写真のプライバシー保護加工を対話的に行うインタフェース

 

2022/05

大学院志望者向けオープンラボを行います!

5/30(月)の14時から大学院志望者向けオープンラボをハイブリッド形式で行います!志望先(工学系研究科,学際情報学府)に関係なく,ご参加いただけますので,IIS Labを進学先として検討されている方はぜひご参加をお願いいたします.
We are organizing an open lab for prospective graduate students on 30th May at 2 pm! You are welcome to join regardless of which department you are applying for (i.e., School of Engineering or Graduate School of Interdisciplinary Information Studies). If you are consider us for your graduate study, please swing by this open lab!

2022年度大学院志望者向けオープンラボ

 

2022/04

Welcome, Simo!

Simo Hosio from University of Oulu, Finland joins us as a visiting researcher! He is staying in our lab for the next 6 months.
フィンランドのオウル大学からホシオ シモが客員研究員としてラボに加わりました!6ヶ月間ラボに滞在する予定です.

 

Welcome, new members!

We have 4 new master students and 5 new undergradates. Welcome!
4名の修士課程学生と5名の学部生が新しくラボに加わりました!

 

本年度以前のニュースはこちらにあります.Older news is available here.