IIS Lab

Welcome to the webpage of Interactive Intelligent Systems Laboratory (IIS Lab, pronounced like “ease lab”) at The University of Tokyo. We are in Department of Electrical Engineering and Information Systems (EEIS), School of Engineering and Emerging Design and Informatics Course, Interfaculty Initiative in Information Studies. We are a group led by Koji Yatani, conducting a broad range of research on Human-Computer Interaction, Ubiquitous Computing.

インタラクティブ・インテリジェント・システム ラボ(Interactive Intelligent Systems Laboratory; IIS Lab; イーズラボ)のホームページへようこそ!IIS Labは大学院では工学系研究科電気系工学専攻学際情報学府先端表現情報学コース,学部では工学部電子情報工学科(EEIC)に所属しています.このラボは矢谷浩司をはじめとした研究者・学生が集まり,ヒューマン・コンピュータ・インタラクションやユビキタス・コンピューティングに関する様々な研究を行っています.

Research domains / 研究領域

We are looking for highly-motivated, energetic researchers and students who want to work with us. If you are interested in the following topics or just want to visit us, please feel free to ping Koji at [his_first_name] “at” iis-lab.org. If you are considering to work with us, please check this page.

  • Usable security systems with novel sensing methods,
  • Sensing technologies to enable new applications for mobile/wearable devices,
  • Interactive systems for productivity and creativity support with AI technologies,
  • Programming activity support, and
  • Anything else about interfaces or interactive systems which you believe that could change the game. 🙂

進学や研究室配属を決める前であっても,IIS Labに興味のある人はラボの活動や雰囲気を見に是非遊びに来てください.以下のトピックに興味のある方やラボにお越しになりたい方は,遠慮なく矢谷までメールにてご連絡ください.(メールアドレスは[矢谷の下の名前] “at” iis-lab.org). IIS Labでの研究を志望する方は詳細はこちらのページをご覧ください.

  • 新しいセンシング技術を利用した使いやすいセキュリティシステム,
  • モバイル・ウェアラブルデバイスにおける新しいアプリケーションを実現するようなセンシング技術,
  • 人工知能技術を用いた知的生産性や創造性を支援するインタラクティブなシステム,
  • プログラミングに関係する活動の支援,
  • そのほか,世界を変えられると思うインタフェースやインタラクティブなシステムなんでも 🙂

Mission Statement / IIS Labのミッション

The mission of Interactive Intelligent Systems Laboratory (IIS Lab) is to improve people’s QOL (quality of life) through intellectual activities and healthy life enhanced by interactive systems with intelligence behind we design, implement, and evaluate. Complexity of data, information, and contexts surrounding people are well beyond human cognitive capabilities. Advanced computing infrastructure, including artificial intelligence, big data, and Internet of Thing (IoT), becomes available, and can offer strong power of data collection and computation. However, it is still people who decide how to utilize such infrastructure and data. As a group of experts in information technology and user experience, we strive to explore novel applications exploiting emerging computer technologies and information sources and uncover their new values. In particular, our applications aim to support people to commit more to higher-level intellectual activities and healthy life, leading to encouraging grass-root effort for making the world better.

インタラクティブ・インテリジェント・システム ラボラトリー(IIS Lab)では,私たちが設計,実装,評価する知的なインタラクティブシステムによって,人々の知的活動・健康的生活を支援し,人々のQOL(quality of life)を向上させることをミッションとしています.人々を取り巻くデータや情報,状況は複雑になり,人間の情報処理能力を大きく超えています.さらに近年では,人工知能,ビッグデータ,IoTなどといった情報基盤が利用できるようになり,強力なデータ収集と計算能力を提供しています.しかし,それらをどのように活用するかは,利用者である人間が決めなければなりません.情報技術とユーザエクスペリエンスのエキスパート集団として,そのような新しい技術を活用した新たなアプリケーションを生み出し,技術の新たな価値を創生していくことが私たちの目標です.特に私たちが開発するアプリケーションを通して,人々がより高いレベルの知的活動やより健康的な生活を実現することに貢献し,さらに個人個人が世界をよくすることに貢献していける未来を私たちは目指しています.

IIS Lab Philosophy

“Think radically, Execute logically.”

Research needs breakthroughs. As a researcher, it is important to keep demonstrating intellectual curiosity and casting questions. Uncovering “why” from something obvious or well-known is the first step to be radical. But radical ideas are not sufficient conditions for great research. You need to execute your project and demonstrate a proof of your idea in a way nobody sees a hole. This execution requires your logical thinking and careful project management skills. We believe that both radical thinking and logical execution are universal advantages beyond research. In IIS Lab, each member challenges herself to build both skills as a project leader of technology-oriented and application-focused HCI research.

「大胆に考え,緻密に実行する.」

研究には新しい発見が必要です.研究者として知的好奇心を保ち続け,疑問を投げかけていくことは重要であり,当たり前だと思われている物事から「なぜ」を引き出すことこそ,大胆な発想への第一歩です.しかし,大胆なアイデアだけでは良い研究に繋がりません.他人から見て隙きがないようにプロジェクトを実行し,アイデアの実現可能性を示すことも必要です.この遂行には論理的思考能力と綿密なプロジェクト管理能力が求められます.大胆な発想力と緻密な遂行能力は研究に限らず,様々な場面で有益となる能力だと私達は信じています.個々のラボメンバーが,新しい技術とアプリケーションに重点を置いたHCI研究のプロジェクトリーダーとして,この2つの能力を高めていく,そのような場所がIIS Labです.


News

2019/02

日刊工業新聞2019年2月15日版において矢谷が「経営ひと言」で紹介されました.

日刊工業新聞2019年2月15日版において矢谷が「経営ひと言」で紹介されました.Web版でもご覧いただけます(会員登録必要).

https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00506399

経済産業省主導のRFID活用実証実験において,RFIDを利用した未来の家での生活のコンセプト立案,及びコンセプトビデオ作成に貢献しました.

経済産業省主導のRFID活用実証実験において,家庭内におけるRFIDを利用した未来の生活のコンセプト立案,及びコンセプトビデオ作成に貢献しました.東京ガス横浜ショールームの「くらしのライブラリー キッチンライブラリーコーナー」における展示の一部として,貸し出されるタブレット端末より御覧いただける予定です.

http://www.meti.go.jp/press/2018/02/20190208003/20190208003.html

Koji is giving a keynote talk at WristSense 2019 workshop (co-located with IEEE PerCom).

Koji is giving a keynote talk at WristSense 2019 workshop about our latest research outcome on personal healthcare systems.
矢谷がWristSense 2019というワークショップにおきまして,ラボの研究成果を含めた基調講演を行います.

https://sites.google.com/view/wristsense2019/program?authuser=0

UBI研究会にて2件の発表を行います.

3月に開催される情報処理学会UBI研究会にて,B4の嶋田と竹ノ内が発表致します.

嶋田 紅緒,矢谷 浩司.
「視覚が不自由なユーザのファッション活動に関する定性的調査」

竹ノ内 朝陽,矢谷 浩司.
「風を用いたインタフェース実現に向けた風に関する知覚の定量的調査」

コンビニでの衝動買いに関する実証実験のプレスリリース

SBクリエイティブ,ローソンと共同で,消費者の衝動買いにつながるしぐさを検出するためのデータを集める実店舗調査を行うことをプレスリリースしました.

日刊工業新聞Web版
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00504428

ニュースイッチ
https://newswitch.jp/p/16308

2019/01

日本橋高島屋における実証実験のプレスリリース

IIS Labで開発している視覚が不自由な方向けの衣料品・服飾品ショッピング支援モバイルアプリの実証実験を日本橋高島屋 S.C.本館婦人靴売場において執り行いました.

日刊工業新聞Web版
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00503965

プレスリリース
https://www.t.u-tokyo.ac.jp/soe/press/setnws_201901281409483167686745.html

Koji is serving as a Doctoral Consortium co-Chair for CHI 2020.

Koji is serving as a Doctoral Consortium co-Chair for CHI 2020.
矢谷がCHI 2020においてDoctoral Consortium co-Chairを務めさせていただくことになりました.

株式会社ナナメウエとの共同研究をプレスリリースしました.

IIS Labと株式会社ナナメウエは共同で,インターネットコミュニティにおける18歳未満のユーザーに関するトラブルリスクを軽減させるためのインターフェイスに関する研究を開始致しました.

http://www.t.u-tokyo.ac.jp/shared/press/data/setnws_201901211357268881193465_978518.pdf

インタラクション2019にM2柴藤の論文が採択されました.

インタラクション2019にM2柴藤が筆頭著者の論文が採択されました.

柴藤大介,有薗拓也,宮崎章太,矢谷浩司.CodeGlass: GitHubのプルリクエストを活用したコード断片のインタラクティブな調査支援システム.インタラクション2019.

2018/12

Antony and Daisuke gave invited talks at NTU.

Antony and Daisuke gave invited talks at National Taiwan University.
国立台湾大学にてAntonyと柴藤が招待講演を行いました.

https://www.csie.ntu.edu.tw/app/news.php?Sn=14358

2018/10

Presenting two IMWUT papers at UbiComp!

We presented two IMWUT papers at UbiComp 2018.
UbiComp 2018にてIMWUTに採択された2件の論文を発表しました.

  • Takahiro Hashizume, Takuya Arizono, and Koji Yatani.
    Auth ‘n’ Scan: Opportunistic Photoplethysmography in Mobile Fingerprint Authentication
  • Hidenori Matsui, Takahiro Hashizume, and Koji Yatani.
    Al-light: An Alcohol-Sensing Smart Ice Cube

Presenting a short paper at Pacific Graphics.

Our co-authored work was presented as a short paper at Pacific Graphics 2018.
Pacific Graphics 2018にて共著となっている論文がshort paperとして発表されました.

Ryo Suzuki, Koji Yatani, Mark D. Gross, and Tom Yeh. Tabby: Explorable Design for 3D Printing Textures. In Proceedings of Pacific Graphics 2018.

Welcome, new members!

1 Doctoral and 3 Master students join us!
博士課程1名,修士課程3名が新たに配属されました.

2018/08

月刊「化学工業」に矢谷が寄稿いたしました.

月刊「化学工業」2018年9号(VOL.69 No.9)に,以下のタイトルで矢谷が寄稿いたしました.

「AI研究が拓く新しい産学連携 〜非AI研究者の視点から〜」(PDF)

Hidenori and Al-light on TV!

Hidenori Matsui and his work, Al-light, was featured at Trend Tamago in World Business Satellite on 2nd August.
松井とAl-lightがテレビ東京のワールドビジネスサテライトの中のトレンドたまごで紹介されました(8/2).

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_160082/
http://www.tv-tokyo.co.jp/plus/smp/business/entry/2018/017664.html

2018/07

Koji is serving as a Subcommittee co-Chair for CHI 2019.

Koji is serving as a Subcommittee co-Chair for Engineering Interactive Systems and Technologies in CHI 2019.
矢谷がCHI 2019のEngineering Interactive Systems and TechnologiesサブコミッティーのSubcommittee co-Chairを務めます.

http://chi2019.acm.org/authors/papers/selecting-a-subcommittee/#TOC-Engineering-Interactive-Systems-and-Technologies

矢谷が文京区教育センターの子ども科学カレッジにて講演いたします.

矢谷が文京区教育センターの子ども科学カレッジにて,「AIに触れてみよう」という講演をいたします.

リンクはこちら

2018/06

矢谷が放射光学会若手研究会にて講演いたします.

矢谷が9月に開催される放射光学会若手研究会にて,「次の「当たり前」をデザインする 〜HCI研究がお手伝いできること〜」という講演をいたします.

https://www.jssrr-wakate-2018.com/home-1

矢谷がヒューマンインタフェース2018にて講演いたします.

矢谷が9月に開催されるヒューマンインタフェース2018にて,「Understand stats, know thy results: 統計モデルを用いたHCI実験の解析事例紹介」という講演をいたします.

https://www.his.gr.jp/event/his2018_kousyuu.html

Koji is giving an invited talk at UBC.

Koji is giving an invited talk at UBC for their Designing for People graduate program.
矢谷がブリティッシュコロンビア大学のDFPプログラムの授業において招待講演をいたします.

http://dfp.ubc.ca/

2018/05

M1の松井が優秀論文賞を受賞しました!

M1の松井が5/18・19に開催される情報処理学会UBI研究会にて,以下の論文に対して優秀論文賞を受賞いたしました.

松井秀憲,橋爪崇弘,矢谷浩司.
「飲料のアルコール濃度計測を行うスマートアイスキューブの試作と評価」

M1の松井がUBI研究会にて発表します.

M1の松井が5/18・19に開催される情報処理学会UBI研究会にて以下の研究発表を行います.

松井秀憲,橋爪崇弘,矢谷浩司.
「飲料のアルコール濃度計測を行うスマートアイスキューブの試作と評価」

2018/04

卒業生の吉谷が優秀研究発表賞を受賞しました!

卒業生の吉谷が3月の情報処理学会CGVI研究会にて,以下の論文に対して優秀研究発表賞を受賞いたしました.

吉谷拓真,矢谷浩司.
「クラウドソーシングを用いたアイコンの主観的属性と視覚的特徴量の関係性の調査」

Koji is serving as a Doctoral Consortium co-Chair for CHI 2019.

Koji is serving as a Doctoral Consortium co-Chair for CHI 2019.
矢谷がCHI 2019においてDoctoral Consortium co-Chairを務めさせていただくことになりました.

Koji is serving as a Sponsorship co-Chair for UbiComp/ISWC 2018.

Koji is serving as a Sponsorship co-Chair for UbiComp/ISWC 2018. 矢谷がUbiComp/ISWC 2018においてSponsorship co-Chairを務めさせていただくことになりました.

Koji is serving as a Program Committee for UIST 2018.

Koji is serving as a Program Committee for UIST 2018.
矢谷がUIST 2018においてプログラム委員を務めさせていただくことになりました.

Koji is serving as a Program Committee for ASSETS 2018.

Koji is serving as a Program Committee for ASSETS 2018.
矢谷がASSETS 2018においてプログラム委員を務めさせていただくことになりました.

Koji is serving as a Doctoral Consortium co-Chair for ISS 2018.

Koji is serving as a Doctoral Consortium co-Chair for ISS 2018.
矢谷がISS 2018においてDoctoral Consortium co-Chairを務めさせていただくことになりました.

Welcome, new members!

5 Master and 5 undergraduate students join us!
修士課程5名,学部生5名が新たに配属されました.

本年度以前のニュースはこちらにあります.Older news is available here.