Welcome to the webpage of Interactive Intelligent Systems Laboratory (IIS Lab, pronounced like “ease lab”) at The University of Tokyo. We are in Department of Electrical Engineering and Information Systems (EEIS), School of Engineering and Emerging Design and Informatics Course, Interfaculty Initiative in Information Studies. We are a group led by Koji Yatani, conducting a broad range of research on Human-Computer Interaction, Ubiquitous Computing.

インタラクティブ・インテリジェント・システム ラボ(Interactive Intelligent Systems Laboratory; IIS Lab; イーズラボ)のホームページへようこそ!IIS Labは大学院では工学系研究科電気系工学専攻学際情報学府先端表現情報学コース,学部では工学部電子情報工学科(EEIC)に所属しています.このラボは矢谷浩司をはじめとした研究者・学生が集まり,ヒューマン・コンピュータ・インタラクションやユビキタス・コンピューティングに関する様々な研究を行っています.

 

Mission Statement / IIS Labのミッション

The mission of Interactive Intelligent Systems Laboratory (IIS Lab) is to improve people’s QOL (quality of life) through intellectual activities and healthy life enhanced by interactive systems with intelligence behind we design, implement, and evaluate. Complexity of data, information, and contexts surrounding people are well beyond human cognitive capabilities. Advanced computing infrastructure, including artificial intelligence, big data, and Internet of Thing (IoT), becomes available, and can offer strong power of data collection and computation. However, it is still people who decide how to utilize such infrastructure and data. As a group of experts in information technology and user experience, we strive to explore novel applications exploiting emerging computer technologies and information sources and uncover their new values. In particular, our applications aim to support people to commit more to higher-level intellectual activities and healthy life, leading to encouraging grass-root effort for making the world better.

インタラクティブ・インテリジェント・システム ラボラトリー(IIS Lab)では,私たちが設計,実装,評価する知的なインタラクティブシステムによって,人々の知的活動・健康的生活を支援し,人々のQOL(quality of life)を向上させることをミッションとしています.人々を取り巻くデータや情報,状況は複雑になり,人間の情報処理能力を大きく超えています.さらに近年では,人工知能,ビッグデータ,IoTなどといった情報基盤が利用できるようになり,強力なデータ収集と計算能力を提供しています.しかし,それらをどのように活用するかは,利用者である人間が決めなければなりません.情報技術とユーザエクスペリエンスのエキスパート集団として,そのような新しい技術を活用した新たなアプリケーションを生み出し,技術の新たな価値を創生していくことが私たちの目標です.私たちが開発するアプリケーションを通して,人々がより高いレベルの知的活動やより健康的な生活を実現することに貢献し,さらに個人個人が世界をよくすることに貢献していける未来を目指しています.

 

Research domains / 研究領域

We are looking for highly-motivated, energetic researchers and students who want to work with us. If you are interested in the following topics or just want to visit us, please feel free to ping Koji at [his_first_name] “at” iis-lab.org. If you are considering to work with us, please check this page.

  • Novel healthcare applications using sensing methods and AI,
  • Sensing technologies to enable new applications for mobile/wearable devices,
  • Usable security interface design,
  • Interactive systems for productivity and creativity support with AI technologies,
  • Anything else about interfaces or interactive systems which you believe that could change the game. 🙂

進学や研究室配属を決める前であっても,IIS Labに興味のある人はラボの活動や雰囲気を見に是非遊びに来てください.以下のトピックに興味のある方やラボにお越しになりたい方は,遠慮なく矢谷までメールにてご連絡ください.(メールアドレスは[矢谷の下の名前] “at” iis-lab.org). IIS Labでの研究を志望する方は詳細はこちらのページをご覧ください.

  • センシング技術と人工知能技術を活用した新しいヘルスケアアプリケーション,
  • モバイル・ウェアラブルデバイスにおける新しいアプリケーションを実現するようなセンシング技術,
  • 人工知能技術を用いた知的生産性や創造性を支援するインタラクティブなシステム,
  • 使いやすいセキュリティシステム・インタフェースデザイン,
  • そのほか,世界を変えられると思うインタフェースやインタラクティブなシステムなんでも 🙂

 

IIS Lab Philosophy

“Think radically, Execute logically.”

Research needs breakthroughs. As a researcher, it is important to keep demonstrating intellectual curiosity and casting questions. Uncovering “why” from something obvious or well-known is the first step to be radical. But radical ideas are not sufficient conditions for great research. You need to execute your project and demonstrate a proof of your idea in a way nobody sees a hole. This execution requires your logical thinking and careful project management skills. We believe that both radical thinking and logical execution are universal advantages beyond research. In IIS Lab, each member challenges herself to build both skills as a project leader of technology-oriented and application-focused HCI research.

「大胆に考え,緻密に実行する.」

研究には新しい発見が必要です.研究者として知的好奇心を保ち続け,疑問を投げかけていくことは重要であり,当たり前だと思われている物事から「なぜ」を引き出すことこそ,大胆な発想への第一歩です.しかし,大胆なアイデアだけでは良い研究に繋がりません.他人から見て隙きがないようにプロジェクトを実行し,アイデアの実現可能性を示すことも必要です.この遂行には論理的思考能力と綿密なプロジェクト管理能力が求められます.大胆な発想力と緻密な遂行能力は研究に限らず,様々な場面で有益となる能力だと私達は信じています.個々のラボメンバーが,新しい技術とアプリケーションに重点を置いたHCI研究のプロジェクトリーダーとして,この2つの能力を高めていく,そのような場所がIIS Labです.


News

2021/09

SyncUp is now on TechCrunch!

当ラボの研究成果であるSyncUpがTechCrunchに取り上げられました.

東京大学がシンクロダンスの練習支援システムSyncUp発表、コンピュータービジョン技術でポーズ・動きのズレ可視化

 

Koji is giving an invited talk at an MSRA alumni online event on 28th Sept!

矢谷がオンラインのMSRAアルムナイイベントにおいて招待講演を行います.どなたでもご視聴可能です(参加登録必須).

Koji is giving an invited talk at an MSRA alumni online event, which is open to anybody with RSVP. It is 10:30 am on 28th Sept. in Japan time.

 

We are presenting 1 IMWUT and 1 demo at UbiComp 2021.

今月開催されるUbiComp 2021にてIMWUTの論文1件,およびデモ1件を発表いたします.

Zhongyi Zhou, Anran Xu, and Koji Yatani.
SyncUp: Vision-based Practice Support for Synchronized Dancing.
Proc. ACM Interact. Mob. Wearable Ubiquitous Technol. 5, 3, Article 143 (Sept 2021), 25 pages.

Hirotaka Hayashi, Anran Xu, Zhongyi Zhou, Koji Yatani.
Vision-based Scene Analysis toward Dangerous Cycling Behavior Detection Using Smartphones.

 

矢谷が五月祭の公開討論企画にてパネリストとして登壇いたします!

矢谷が五月祭(9月に延期)の公開討論企画にてパネリストとして登壇いたします.

「公開討論~誹謗中傷を防ぐには~」

https://gogatsusai.jp/94/visitor/kikaku/115

 

2021/07

篠田(M1)が情報処理学会UBI研究会にて優秀論文賞を受賞しました!

篠田(M1)が情報処理学会UBI研究会にて発表した以下の論文に対して,優秀論文賞を受賞いたしました.

篠田 和宏,チャコン アントニー,雪田 和歌子,横田 知之,染谷 隆夫,矢谷 浩司. 「変形可能なハンカチ型インタフェースの設計」

http://sigubi.ipsj.or.jp/excellent/

 

佐藤が先端VRドクトラルシンポジウムに登壇いたします.

7月16日にオンライン開催される2021年度東京大学バーチャルリアリティ教育研究センター主催ドクトーラルシンポジウムに佐藤(D2)が登壇いたします.

17:20-17:35 佐藤 安理紗 ジエンジエラ
Visualization for Overviewing Parallel Group Activities in Online Classrooms
オンライン授業における複数同時進行グループワークを概観する可視化手法の研究

先端VRドクトラルシンポジウム開催のご案内

 

Our paper has been accepted in PACM IMWUT!

Our IMWUT submission has been accepted (with minor revisions)! Big congrats to Zhongyi and Anran!

以下の論文がPACM IMWUTに(微修正の条件付き)採択されました!

Zhongyi Zhou, Anran Xu, and Koji Yatani.
SyncUp: Vision-based Practice Support for Synchronized Dancing.

 

2021/06

SOMPOホールディングス株式会社 CDO 楢󠄀﨑浩一様による特別講演

SOMPOホールディングス株式会社にてCDOを務めておられる楢󠄀﨑浩一様に,SOMPOホールディングス株式会社が目指すデジタル戦略におけるデータ活用,そしてアルゴリズムなどコンピュータ科学の知識がビジネスの世界でどのように生かされるかを,ご自身の経験とともにお話しいただきます.この特別講義は,矢谷が担当しているアルゴリズム(学部3年生向け)の講義の一部として開かれますが,東京大学の全ての学生・教職員にご視聴いただけますので,遠慮なくご参加ください!

We are honored to have Koichi Narasaki, who is CDO at SOMPO Holdings, Inc. to present the applications of data in the real world to drive innovations empowered by digital technology, and discuss how knowledge of computer science including algorithms can contribute to business. This invited talk is held as a part of lectures for my course of Algorithms (for third-year undergrads), but this DLS is open to anybody at University of Tokyo. You are more than welcome to join!

SOMPOホールディングス株式会社 CDO 楢󠄀﨑浩一様 特別講演

 

篠田(M1)が未踏スーパークリエタに選ばれました!

篠田(M1)が未踏スーパークリエタに選ばれました.「未踏スーパークリエータ」は「突出したIT人材」を発掘・育成するために独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が行っている未踏IT人材発掘・育成事業において,その中でも特に卓越した能力を持つと認められた人材に認定される賞です.
Kazuhiro Shinoda has been recognized as a MITOU Super Creator! This recognition is given to young leaders who have demonstrated outstanding achievements in MITOU projects by Information-technology Promotion Agency (IPA).

https://www.meti.go.jp/press/2021/05/20210528004/20210528004.html
https://www.ipa.go.jp/jinzai/mitou/2020/20210528.html

 

2021/05

篠田(M1)が情報処理学会UBI研究会にて発表します.

篠田(M1)が以下の論文を情報処理学会UBI研究会にて発表いたします.

篠田 和宏,チャコン アントニー,雪田 和歌子,横田 知之,染谷 隆夫,矢谷 浩司. 「変形可能なハンカチ型インタフェースの設計」

 

大学院志望者向けオープンラボ(ハイブリッド形式)を開催いたします!

We are holding our open lab for prospective graduate students in a hybrid style. If you are interested, please check out the following page and register.
大学院でIIS Labを志望される方向けにハイブリッド形式でのオープンラボを開催します.詳細を以下のページよりご確認いただき,ご登録をお願いいたします.

大学院志望者向けオープンラボ

 

Carla (a former researcher) is presenting her DearBoard work at CHI 2021!

Carla is presenting her DearBoard work at CHI 2021. Her talk will be the sessions of Affection and Support in a Digital World – B and C.
CarlaがIIS Labでの研究成果であるDearBoardのプロジェクトについてCHI 2021で発表いたします!Affection and Support in a Digital World – B,Cのセッションです.

https://acmchi.delegateconnect.co/talks/1370

 

矢谷が2020年度船井学術賞を受賞しました!

Koji won a Funai Academic Award! This award is given to young researchers who have made outstanding research achievements in computer science, information technology, and other engineering fields.
矢谷が2020年度船井学術賞を受賞いたしました.船井学術賞は情報科学,情報技術分野を中心に広く理工系分野において,顕著な研究業績のあった若手研究者に与えられる賞です.

https://www.funaifoundation.jp/grantees/awardees_up_to_now_20.html

 

2021/04

DMM.com社との共同研究を開始しました.

IIS Lab has started a collaboration project with DMM.com on interaction design for social VR.
IIS LabはDMM.com社とともにソーシャルVRを発展させるインタラクションデザインに関する研究を開始しました.

https://www.t.u-tokyo.ac.jp/foe/press/setnws_202104011210578359643951.html
https://dmm-corp.com/press/press-release/32359

 

Welcome, new members!

We have 1 Ph.D student, 3 new master students and 4 new undergradates. Welcome!
1名の博士課程学生,3名の修士課程学生と4名の学部生が新しくラボに加わりました!

 

2021/03

矢谷がオンライン授業等におけるグッドプラクティス総長表彰を受けました.

Koji has received a recognition by the President for his good practices for online courses.

https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/students/classes/online-hybrid-good-practices.html

 

篠田(B4)が学科長特別賞,および優秀卒業論文賞を受賞いたしました!

Kazuhiro Shinoda won a Department Dean Special Recognition Award and an Excellent Graduation Thesis Award on his thesis! Congratulations!

篠田 和宏.
「A Deformable Handkerchief Interface Using Conductive Yarn(導電糸を用いた変形可能なハンカチ型インターフェース)」

 

2021/02

竹ノ内(M2)が情報処理学会SPT研究会にて発表いたします.

竹ノ内(M2)が情報処理学会SPT研究会にて以下の論文を発表いたします.

竹ノ内 朝陽,矢谷 浩司.
「サービス利用規約の読解促進に向けた特異な条項を強調するインタフェースの実装と評価」

 

富木(B4)が情報処理学会HCI研究会にて発表いたします.

富木(B4)が情報処理学会HCI研究会にて以下の論文を発表いたします.

富木 菜穂,佐藤 安理紗 ジエンジエラ,矢谷 浩司.
「OrchExplorer:アマチュアオーケストラ向けコンサートプログラム構成支援システム」

 

竹ノ内(M2),篠田(B4)が電子情報通信学会全国大会にて発表いたします.

竹ノ内(M2),篠田(B4)が電子情報通信学会全国大会にて以下の論文を発表いたします.

竹ノ内 朝陽,矢谷 浩司.
「利用規約中の特異な文章を強調するインタフェース」
篠田 和宏,原田 珠華,佐野 由季,安斉 周,矢谷 浩司.
「導電糸を用いたウェアラブルデバイス向け手書き文字入力デバイス」

 

2021/01

Koji won a Japan ACM SIGCHI Local Chapter Distinguished Young Researcher Award!

Koji won a Japan ACM SIGCHI Local Chapter Distinguished Young Researcher Award, and will be giving an award talk at RIEC International Symposium on Human-Computer Interaction on 24th Jan.

矢谷がJapan ACM SIGCHI Local Chapter優秀若手研究者賞を受賞いたしました!また,24日の開催されるRIEC International Symposium on Human-Computer Interactionで受賞講演を行う予定です.

https://sigchi.jp/award/2020/result.ja.html#KojiYatani
https://sites.google.com/view/riec-hci-symposium-2021

 

周がUBI研究会において学生奨励賞を受賞しました!

第68回ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)研究発表会にて発表した以下の論文において,周が学生奨励賞を受賞しました.

Zhongyi won a Student Encouragement Award for his following paper presented at an IPSJ UBI workshop.

周 中一,矢谷 浩司.
「人体ポーズ分析を応用したシンクロダンス練習支援システム」

 

2020/12

Koji is serving as a Papers co-chair for CHI 2022!

矢谷がCHI 2022においてPapers co-chairを務めます.

 

ラボの研究紹介ビデオを公開しました!

IIS Labの最近の研究をハイライトしたビデオを3つ公開いたしました.各々3~4分の短いビデオですが,IIS Labの主な研究活動をご覧いただければと思います!字幕(日英)もついています.

We have uploaded three short videos to give you quick highlights on recent work at IIS Lab. They are in Japanese, but English subtitles are available. Enjoy!

#1: 安全,安心を促すインタフェースデザイン

#2: センシング・人工知能技術のアプリケーション研究

#3: インタラクティブシステムの社会実証研究

 

周(D1)がUBI研究会にて発表をいたします.

周が以下の論文を第68回ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)研究発表会にて発表します.

周 中一,矢谷 浩司.
「人体ポーズ分析を応用したシンクロダンス練習支援システム」

 

2020/11

Our collaboration work with LINE was presented at LINE Developer Day!

Our recent exploration on interfaces for visual effect on video chats was presented at LINE Developer Day. This project is in collaboration with LINE Corp, and supported by CRIS collaboration funding.

現在株式会社LINEと共同して行っている,ビデオ通話における視覚効果を付与するインタフェースに関する研究が,LINE Developer Dayにて紹介されました.これはCRIS共同研究で支援されている研究の成果でもあります.

 

IIS Lab Distinguished Lecture Series:大阪大学 栄藤稔先生

IIS Lab (東京大学矢谷研究室)では国内外でご活躍されている多彩なゲストをお呼びして,ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI),ユビキタスコンピューティング,モバイルシステム・アプリケーションに関係する研究,ビジネス,教育,政策に関する特別講演を不定期に主催しています.この度,大阪大学 栄藤稔先生をお呼びし,AIをベースにしたディープテックスタートアップに関するご経験とお考えに関するお話を頂戴します.12/23 (水) 14:55 ~ 16:40にオンラインで開催予定です.詳細は以下のページをご覧いただき,ご登録をお願いいたします.(学内の学生,および教職員のみ)

IIS Lab at University of Tokyo organizes distinguished lectures by international and interdisciplinary guests about research, business, education, and political strategies enabled by HCI, Ubiquitous computing, and mobile systems and applications. We are extremely honored to have Prof. Minoru Etoh at Osaka University, and he will present his experience and perspective on deep tech startups based on AI. The talk will be 14:55 – 16:40 on 23rd Dec. (Wed). Please check out the following webpage and register! (Note that this is open only to students and staff at University of Tokyo).

IIS Lab Distinguished Lecture Series

 

Koji was featured on People of ACM!

“People of ACM” highlights the unique scientific accomplishments and compelling personal attributes of ACM members who are making a difference in advancing computing as a science and a profession.

矢谷がPeople of ACMに取り上げられました!People of ACMはコンピューティングの発展に大きく貢献しているACM会員の,ユニークな科学的業績とその研究者の個性を紹介する記事です.

https://www.acm.org/articles/people-of-acm/2020/koji-yatani

 

2020/10

ヒューマンインタフェースサイバーコロキウムにて2件の発表を行います.

ヒューマンインタフェースサイバーコロキウムにて富木,鈴木(ともにB4)が以下の発表を行います.
https://jp.his.gr.jp/hic2/

富木 菜穂,,矢谷 浩司.
「オーケストラのコンサートプログラム考案時のユーザの検索行動に関する定性的調査」
鈴木 凌斗,矢谷 浩司.
「変数の値の変化を利用したソースコード分析手法の提案」

 

ITmediaに研究成果を取り上げていただきました!

チェさん(当時B4)が行ったコンピュータ使用時に目の乾燥状態を検出する手法の検討の研究成果に関する記事を掲載していただきました.

「瞳に映るモニター画面」でドライアイ検出 東大が深層学習で開発
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2010/28/news067.html

 

2020/09

修士課程学生3名が卒業いたしました!

修士課程学生として周,陳,胥が卒業しました!皆さんおめでとうございます!周,陳は博士課程に進学し,更に研究を進めます!

 

2020/08

We got a ToG article for SIGGRAPH Asia 2020!

Our paper has been accepted at ToG for SIGGRAPH Asia 2020! This work was led by Peihan Tu, who worked with us as a research intern.

インターンとして一緒に研究をしたPeihan TuのプロジェクトがSIGGRAPH Asia 2020に採択されました.

Peihan Tu, Li-Yi Wei, Koji Yatani, Takeo Igarashi, Matthias Zwicker.
Continuous Curve Textures.
https://tph9608.github.io/cct-siga20/

 

An article in interactions is out!

Duncan, Leah, and I have an article in interactions which shares our experience of virtual Doctoral Consortium at CHI 2020. Please check it out!

Duncan Brumby,Leah Findlaterとともに,CHI 2020におけるバーチャル形式でのDoctoral Consortiumの体験談をinteractionsにて記事にいたしました.

https://interactions.acm.org/archive/view/july-august-2020/reflections-on-planning-and-running-a-virtual-doctoral-consortium-at-chi-20?doi=10.1145%2F3404201

 

2020/07

卒業生の嶋田のショートインタビューが本学工学部のロールモデル集に掲載されました!

IIS Lab卒業生の嶋田のショートインタビューが,Women in Engineeringに掲載されました(9ページ目).Women in Engineeringは,工学分野の最前線を切り拓く工学系研究科・工学部女性教員および卒業生の活躍を紹介する,東京大学大学院工学系研究科・工学部ロールモデル集です.

https://www.t.u-tokyo.ac.jp/shared/gender/data/setevt_202007061633560839786291_935283.pdf

 

FIT 2020にて2件発表いたします.

FIT 2020において,以下の2件の発表(推奨論文)を行います.9月1日(火)9:30-12:00,1j会場にて発表予定です.

杉山 悠司,矢谷 浩司.「コーディング面接の練習を支援するシステムの構築」
竹ノ内 朝陽,矢谷 浩司.「サービス利用規約の読解促進を目指した表示手法の比較検討」

https://www.ipsj.or.jp/event/fit/fit2020/FIT2020_program/data/html/program/j.html

 

Crush Your Coding Interviews presented by Facebook

7/15の13時より,Facebookの方をお招きいたしまして,コーディング面接に関するワークショップを開催いたします.エンジニアの採用試験などで取り入れられているコーディング面接の裏側を知ることができる貴重な機会ですので,ご参加ください!

学内の方ならどなたでも参加できますので,ご友人,先輩,後輩を遠慮なくお誘い合わせの上,ご参加いただければと思います.なお事前登録が必要になりますので,以下のページよりお願いいたします.

https://sites.google.com/g.ecc.u-tokyo.ac.jp/facebook-cyci2020/
上のページを閲覧するためにはECCSアカウントが必要です.

 

Koji is serving as a Program Committee member for MUM 2020.

矢谷がMUM 2020においてプログラム委員を務めます.

http://www.mum-conf.org/2020/

 

2020/06

オープンラボを実施します!

大学院受験(工学系研究科電気系工学専攻学際情報学府先端表現情報学コース)を考えておらえる方々のために6/24(水)の16:00〜18:00でオープンラボを実施いたします.オンラインで実施いたしますので,少しでもIIS Labにご興味のある方はご参加ください!詳細は以下のページをご覧ください.

オープンラボ・ウィーク

 

2020/04

Eight new members are on board! Welcome!

8名の新しい学生さん(修士課程3名,学部生5名)がラボに加わりました!佐野さん,高島さん,平井さん, 片山さん,篠田さん,鈴木さん,富木さん,吉田さん,ようこそ!

 

矢谷のインタビューが公開されました!

Hey! Laboにおきまして矢谷のインタビューが掲載されました.

「一番最初に失敗する集団!?人間とテクノロジーの新しい関係を追求する研究とは」
https://hey-labo.com/labo/iis-lab/blog/29

 

Koji has started serving as an Editor for Foundation and Trends in Human-Computer Interaction.

矢谷がFoundation and Trends in Human-Computer Interactionのエディタを務めることになりました.

https://www.nowpublishers.com/Journal/EditorialBoard/HCI

 

本年度以前のニュースはこちらにあります.Older news is available here.