オーケストラのコンサートプログラムの構成では,編成や技術的制約に加え,プログラム全体の統一性を考慮する.様々な条件を考慮しながらコンサートプログラムの構成を行うには,十分な音楽的知識が必要とされる.音楽に関するデジタルライブラリが整備される中で,楽曲検索に関しては多くの研究がなされているが,特定の曲に対する様々な方法での検索を可能にする観点に焦点が当てられており,検索対象のタイトルなどメタ情報をあらかじめ知っていることがシステム利用の前提とされている.また,過去の履歴から個人の嗜好に合わせた作品を推薦するシステムについての研究も多く行われている.しかしながらコンサートプログラムの構成を支援することを目的としたシステムの検討はあまりされていない.本研究では,インターネット上の既存の検索システム等を自由に用いてコンサートプログラムを考案する定性的なユーザ実験を行った.得られた知見に基づき,コンサートプログラムの考案を支援するインタラクティブなシステムを設計する上で重要なデザイン指針を論じる.

富木 菜穂,,矢谷 浩司.「オーケストラのコンサートプログラム考案時のユーザの検索行動に関する定性的調査」ヒューマンインタフェースサイバーコロキウム2020, 2020年10月.(paper)