eTextile 技術は衣服や家具などにインタラクティブな機能をもたらす.本研究ではハンカチというフォームファクタに着目したeTextile インタフェースを提案する.この形状により,ユーザは机の上に広げたり,折りたたんで両手や片手で持ったり,引っ張ったりなど,様々な形に変形させた上でインタラクションが可能となる.このインタフェースを実現するため,導電糸を織り込んだ布と刺繍によりプロトタイプの構築を行った.本稿では,プロトタイプの実装の詳細と,それを用いたインタラクションの例を述べ,今後の研究の方向について議論する.

 

篠田 和宏,チャコン アントニー,雪田 和歌子,横田 知之,染谷 隆夫,矢谷 浩司. 変形可能なハンカチ型インタフェースの設計.情報処理学会UBI研究会,2021年6月.(paper)