ユーザの体の3Dモデル上に服装品をデザインするインタフェースの予備的検討

 

 

近年のファブリケーション技術の発達により,洋服やアクセサリなどをユーザが自在にデザインできる世の中が近づいている.一方で,一般的なユーザがちゃんと身につけられる服装品をデザインするためには様々な知識や経験を必要とする場合が多い.本研究では,ユーザの体の3Dデータを元にして,その上に直接服装品をデザインを設計できるインタフェースを提案する.本論文では,現在までに構築したプロトタイプ,および予備的実験の結果について述べる.

胥 皓,矢谷 浩司.「ユーザの体の3Dモデル上に服装品をデザインするインタフェースの予備的検討」情報処理学会HCI研究会,2020年3月.(paper)