iis のすべての投稿

Phones on Wheels: Exploring Interaction for Smartphones with Kinetic Capabilities

This work introduces novel interaction and applications using smartphones with kinetic capabilities. We develop an accessory module with robot wheels for a smartphone. With this module, the smartphone can move in a linear direction or rotate with sufficient power. The module also includes rotary encoders, allowing us to use the wheels as an input modality. We demonstrate a series of novel mobile interaction for mobile devices with kinetic capabilities through three applications.

我々はスマートフォンに運動力学的機能を付加するため,ロボットホイールを備えたモジュールを開発した.このモジュールを付加したスマートフォンは,直線方向に進んだり,回転したりすることができる.また,モジュールにはロータリーエンコーダが搭載されておりホイールの回転を入力として使うこともできる.本研究ではこのような運動力学的能力を備えたスマートフォンについて3つのアプリケーションを提案し,新たなインタラクションについて考察する.

Takefumi Hiraki, Koya Narumi, Koji Yatani, and Yoshihiro Kawahara. 2016. Phones on Wheels: Exploring Interaction for Smartphones with Kinetic Capabilities. In Proceedings of the 29th Annual Symposium on User Interface Software and Technology (UIST ’16 Adjunct), 121-122.

車椅子アクセシビリティ情報収集における飲食店の外観写真の有用性

車椅子利用者が飲食店を訪れる際,目的地にて車椅子が支障なく利用できるかという情報を知ることが必要となる.このようなアクセシビリティ情報をいかにして入手しているのかを調査するため,本研究ではまず7名の車椅子利用者にインタビューを行った.結果,飲食店口コミサイトにおける外観写真をよく利用していることがわかった.本研究ではさらに,車椅子利用者がアクセシビリティ情報の判断に有用だと感じたレストランの写真を収集・分析し,それらの特徴について整理を行った.本稿ではインタビュー調査の結果とともに,収集した写真の分析結果を報告し,これらの知見が車椅子アクセシビリティの向上を目指すユビキタス・モバイルシステムにどのように応用できるかを議論する.

宮崎章太,矢谷浩司.「車椅子アクセシビリティ情報収集における飲食店の外観写真の有用性」第53回報処理学会UBI研究会,2017年3月.(paper)

重心移動が可能なダンベル型デバイスの製作とその知覚に関する実験

筋力トレーニングは健康の増進に寄与することが知られている.しかしながら,従来の筋力トレーニングは単純な反復運動で構成されているため,ユーザが動機を維持しにくい課題がある.本研究では,この課題を解決するための手法として,重心の移動が可能なダンベル型デバイスを提案する.このデバイスでは左右のウェイトプレート間で水を移動させることにより重心の移動が可能である.重心を移動させることにより,デバイスの総重量に変化がなくとも,負荷が変化したような知覚を与えられる.この技術によって,ゲームをプレイしながら筋力トレーニングを行う新しいexergame などのアプリケーションが実現できる.本研究では,アクリルを用いて製作したダンベル型デバイスの製作と,このデバイスがユーザに与える負荷の知覚に関する実験を行い,ユーザの知覚と負荷の変化の関係性を調査した.

有薗拓也,橋爪崇弘,矢谷浩司.「重心移動が可能なダンベル型デバイスの製作とその知覚に関する実験」第53回報処理学会UBI研究会,2017年3月.(paper) 学生奨励賞受賞

Strummer: An Interactive Guitar Chord Practice System

Musical instrument playing is a skill many people desire to acquire, and learners now have a wide variety of learning materials. However, their volume is enormous, and novice learners may easily get lost in which songs they should practice first. We develop Strummer: an interactive multimedial system for guitar practice. Strummer provide data-driven and personalized practice for learners in order to identify important and easy-to-learn chords and songs. This practice design is intended to encourage smooth skill transfers to songs that learners even have not seen. Our user study confirms the benefits and possible improvements of the Strummer system. In particular, participants expressed their positive impressions on lessons provided by the system.

楽器の演奏は多くの人が望むスキルであり,様々な練習方法や教材が考案されているが,その種類の多さゆえ初心者は何を練習すればよいのか迷いがちである.さらに独学では自分の演奏の可否を判断して修正することが難しく,これらはモチベーション低下につながる問題となっている.本稿では,データドリブンでインタラクティブなギターコード練習システム 「Strummer」 を提案する.Strummer システムの開発にあたり,コードラベルが付与された 727 曲分の楽曲データを解析し,コードの出現率と難易度を考慮した曲の重要性の尺度を新たに定義した.これをシステム中で用いることで,ユーザは簡単かつ重要な楽曲から練習が可能になる.さらに,本システムは音響信号解析によってユーザが正しいコードを弾いたのかを認識してフィードバックする機能を有しており,インタラクティブかつ段階的な練習を提供する.実験では 5 人のギター初心者に計 5 時間ずつ本システムを用いてギター練習をしてもらい,インタビューやアンケートを実施し,本システムの評価を行った.

Shunya Ariga, Masataka Goto, and Koji Yatani. Strummer: An Interactive Guitar Chord Practice System. In Proc. ICME 2017, pp. 1057-1062. (paper)
有賀竣哉,後藤真孝,矢谷浩司.「Strummer:インタラクティブなギターコード練習システム」第114回報処理学会音楽情報科学研究会,2017-MUS-114(24),1-6,2017年2月.(paper) 学生奨励賞受賞

ElasticPlay: Interactive Video Summarization with Dynamic Time Budgets

Video consumption is being shifted from sit-and-watch to selective skimming. Existing video player interfaces, however, only provide indirect manipulation to support this emerging behavior. Video summarization alleviates this issue to some extent, shortening a video based on the desired length of a summary as an input variable. But an optimal length of a summarized video is often not available in advance. Moreover, the user cannot edit the summary once it is produced, limiting its practical applications. We argue that video summarization should be an interactive, mixed-initiative process in which users have control over the summarization procedure while algorithms help users achieve their goal via video understanding. In this paper, we introduce ElasticPlay, a mixed-initiative approach that combines an advanced video summarization technique with direct interface manipulation to help users control the video summarization process. Users can specify a time budget for the remaining content while watching a video; our system then immediately updates the playback plan using our proposed cut-and-forward algorithm, determining which parts to skip or to fast-forward. This interactive process allows users to fine-tune the summarization result with immediate feedback. We show that our system outperforms existing video summarization techniques on the TVSum50 dataset. We also report two lab studies (22 participants) and a Mechanical Turk deployment study (60 participants), and show that the participants responded favorably to ElasticPlay.

スマートデバイスや動画配信サービスの普及により,動画視聴の際は視聴したいシーンまでスキップしたり,視聴速度を変えたりするなど人々の動画視聴の方法が変わってきている.既存研究では,動画要約技術によって動画内の重要なシーンを自動選別したり,重要でないシーンを速く再生し,結合することでこの問題にある程度対応してきた.しかしながら,ユーザは自動要約開始時に出力されるダイジェスト動画の時間を前もって決める必要があったり,終了後には要約された動画を編集できないなどの問題点があった.動画要約の理想形とは,ユーザが動画要約全体の主導権を持ちつつアルゴリズムがそれを補助するような,インタラクティブな作業であると我々は考える.本研究ではそのような,ユーザとアルゴリズムが協調して動画要約を行うアプリケーションとしてElasticPlayを提案する.ユーザが動画を視聴しながら残りの再生時間を調整すると,我々のアルゴリズムは即座に残りの動画の中でどの場所をスキップすべきか,あるいは再生時間を速めるべきかを推定する.これによって,ユーザはアルゴリズムからのフィードバックを受けながら,動画要約をインタラクティブに行うことが可能になる.TVSum50データセットを用いた評価の結果,我々のシステムは既存の動画要約技術を遥かに上回る性能を誇ることがわかった.また,研究室内実験と(実験参加者22人)とクラウドソーシングを利用して行なった実験(実験参加者60人)の結果,ユーザはElasticPlayを好んで使いたいということが分かった.

Haojian Jin, Yale Song, and Koji Yatani. ElasticPlay: Interactive Video Summarization with Dynamic Time Budgets. In Proceedings of Multimedia 2017, 1164 – 1172 (oral presentation). (paper)

エレキギター演奏自動評価のための音響的特徴量の調査

独学でも効率良くエレキギターを練習できるシステムはこれまでにも開発されてきた.しかしこれらの大半は,指定したタイミングで正しい高さの音を鳴らせたかのみを演奏評価の基準としている.実際の演奏においては音色やテクニックなど,他の観点からも演奏を評価する必要がある.そこで本研究では,より多角的な観点から自動的にエレキギター演奏評価を行うシステムを実現することを目指し,エレキギター演奏の評価に活用できる音響的特徴量3つを提案する.5人のエレキギター初心者による演奏音源と3人のエレキギター経験者による主観的評価をデータセットとし,様々な音響的特徴量との関係性を検証し,提案する音響的特徴量の有効性を示した.

下尾 波輝, 矢谷 浩司.「エレキギター演奏自動評価のための音響的特徴量の調査」 第117回情報処理学会音楽情報科学研究会,2017年11月.(paper) 学生奨励賞受賞

Old News

 

このページには過去のニュースを載せています.

DateNews
2016/02
Won a Best Paper award at CHI 2016!

We won a Best Paper award at CHI 2016 with Minsam Ko, Seung-woo Choi, and Uichin Lee at KAIST.

KAISTの研究者(Minsam Ko,Seung-woo Choi,Uichin Lee)とともにCHI2016にてBest Paper awardを受賞しました.

2015/11
Komaba-sai university festival app is now available!

Our lab members have published an app for our university festival. You can download from the following links.

IIS Labメンバーが駒場祭向けアプリを作り,公開しました.以下のリンクからどうぞ.

For iPhone
https://itunes.apple.com/jp/app/ju-chang-jiapuri/id1059035625?l=en&mt=8

For Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=org.iis_lab.komafesapp&hl=ja

2015/10
A technical paper presentation at SIGGRAPH Asia 2015 and we are on Wired!

We have the following paper at SIGGRAPH Asia 2015. This work is in collaboration with Jun and Li-Yi from University of Hong Kong, and Takaaki from Microsoft Research. We are also featured on Wired.

SIGGRAPH Asia 2015にてUniversity of Hong KongのJunとLi-Yi,Microsoft Researchの白鳥さんとの共同研究成果を発表します.またWiredで取り上げられました.

Jun Xing, Li-Yi Wei, Takaaki Shiratori, and Koji Yatani. Autocomplete Hand-drawn Animations.

(Program webpage), (video)

http://www.wired.com/2015/10/microsofts-badass-new-tool-is-like-autocomplete-for-drawing/

2015/09
Largest UbiComp/ISWC ever!

Koji served as a Program co-Chair for UbiComp this year, and we had the largest number of registrations! Thank you all for coming to the conference!

私が共同プログラム委員長を務めたUbiComp 2015が無事に閉幕し,過去最大の登録者数を集めました.会議にお越し下さった皆様,ありがとうございました.

2015/08
Open lab for high school students

We have open labs including demos of information visualization systems created by lab members for high school students.

高校生向けに情報可視化システムのデモを中心にオープンラボを行います.

2015/05
Our university festival app is now available!

Our lab members and third-year undergraduates have created an app for our university festival. You can download from the following links.

IIS LabメンバーとB3の学生さんが五月祭向けアプリを作り,公開しました.以下のリンクからどうぞ.

For iPhone
https://itunes.apple.com/app/id990128448

For Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=org.iis_lab.mayfesapp

2015/04
A full-paper presentation at CHI 2015

We present a full-paper of work in collaboration with researchers in Microsoft Research at CHI 2015.

CHI 2015にてMicrosoft Researchの研究者との共同研究の成果をフルペーパーとして発表します.

Darren Edge, Sumit Gulwani, Natasa Milic-Frayling, Mohammad Raza, Reza Adhitya Saputra, Chao Wang, and Koji Yatani. Mixed-Initiative Approaches to Global Editing in Slideware. In Proceedings of CHI 2015.

Koji is serving as a Program Committee for UIST 2015

Koji Yatani will be serving as a Program Committee for UIST 2015.

UIST 2015に矢谷がプログラム委員として参加します.

Welcome, new members!

IIS Lab welcomes three Master students this month. We and Aida Lab welcome eight undergraduates.

IIS Labに修士課程の学生さんが3名加わりました.また相田研と共同で8人の学部生を迎えることになりました.

2015/03
A full-paper presentation at CSCW 2015

We present a full-paper of work in collaboration with professors and students in KAIST at CSCW 2015.

CSCW 2015にてKAISTの先生・学生さんと共同研究の成果をフルペーパーとして発表します.

Minsam Ko, Subin Yang, Joonwon Lee, Christian Heizmann, Jinyoung Jeong, Uichin Lee, Daehee Shin, Koji Yatani, Junehwa Song, and Kyong-Mee Chung. 2015. NUGU: A Group-based Intervention App for Improving Self-Regulation of Limiting Smartphone Use. In Proceedings of the 18th ACM Conference on Computer Supported Cooperative Work & Social Computing (CSCW '15). ACM, New York, NY, USA, 1235-1245.

Koji is serving as a Program Committee for Mobiquitous 2015

Koji Yatani will be serving as a Program Committee for Mobiquitous 2015.

Mobiquitous 2015に矢谷がプログラム委員として参加します.

2015/01
Asian CHI symposium at CHI 2015

My friends and I are organizing a symposium at CHI 2015 to showcase exciting latest research from Japan.

CHI2015にて日本からの最新の研究成果を報告するためのシンポジウムを共同で開催します.

Symposium website: http://hci.tokyo/

2014/09
Koji is serving as a Program co-Chair for UbiComp 2015

UbiComp2015 will be held in Osaka, and Koji Yatani will be serving as a Program co-Chair.


UbiComp2015が大阪で行われ,矢谷が共同プログラム委員長を務めます.

Two honorable mention awards at MobileHCI 2014

Our ReviewCollage (in collaboration with Haojian Jin and Tetsuya Sakai) and TalkZones (in collaboration with Bahador Saket, Sijie Yang, Hong Tan, and Darren Edge) projects won Honorable Mention Awards at MobileHCI 2014. Our papers will be available on this website soon.

ReviewCollage(Haojian Jin,Tetsuya Sakaiと共著)とTalkZones(Bahador Saket,Sijie Yang,Hong Tan,Darren Edgeと共著)の論文がMobileHCI 2014にてHonorable Mention Award(最優秀論文ノミネート)を受賞しました.

2014/08
IIS Lab launched!

IIS Lab has been launched on August, 2014.

IIS Labは2014年8月に発足しました.